水のトラブルの原因を知る

水のトラブルの原因を知る 一口に水のトラブルといっても、排水管つまり、蛇口水漏れ、トイレ周りの水漏れなど原因はさまざまです。自分で対応して水のトラブルを解決できることもあるものの、多くの場合で水道工事業者に依頼しないと対応できません。そのため、まずは水道工事業者に依頼することを念頭に置いて対応しましょう。できるだけどういった症状であるのかを明確に説明できると、作業内容についても理解しやすく、必要な作業だけを依頼できるようになります。

■それぞれの原因と料金

タンクから水が漏れている、洗面台の下が湿っているといった場合は水漏れを考えるのが望ましいです。さらに、キッチンの床から水が染みている、蛇口を閉めても水が垂れる、パイプの接続部分から水が漏れている場合も水漏れを疑った方がよいでしょう。
何が原因であるかによって、作業内容が異なります。そして、料金も大きく変わっていくことを覚えておいた方がよいといえます
詰まりの場合は排水口からの異臭、タンク内に水が溜まらないなどの特徴があります。水漏れの場合はボールタッチ交換、タンクレバー交換、部品一式交換などが必要になる可能性があります。数千円から4万円程度の出費となり、さらに出張料金、特殊作業費、廃材諸経費などがかかります。詰まりの場合にしても、出張料金や除去料金、さらに高圧ポンプやドレンクリーナーの使用料金もかかります。何が原因であるかによってかかる料金は大きく変わるため、それぞれの原因に対しての料金を知ることも大切です。

■ホームページをまずチェック
さまざまな水のトラブルに対して何が原因であるのか、そしてどれぐらいの料金がかかるのかは最も気になるところといえるでしょう。そのため、まずは依頼したいと思える水道工事業者のホームページをチェックしてみましょう。そのホームページに施工内容に対してかかる料金についての記載がある可能性があります。
すべての水道工事業者のホームページで記載されているわけではないものの、少なくとも基本料金や出張料金などが分かる場合があります。どういった原因であったとしても、対応すること自体はどの水道工事業者も同じです。ただ、かかる料金が異なるのが注意点であり、事前に把握しておきたいところです。だからこそ、ホームページをチェックするのが確実です。

■見積もり依頼における注意点

どんな水のトラブルでも現場に来てもらったうえで見積もり依頼をしてもらうのは基本中の基本であるのは間違いないものの、注意しないといけない点もいくつかあります。それは、見積もりに来てもらうだけで出張料金がかかることもあるという点です。
すべての水道工事業者に該当するわけではないものの、少なくともかかるケースがあるのは覚えておいた方がよいでしょう。ホームページをチェックすれば、見積もりを依頼してキャンセルする場合にお金がかかるかどうかが記載されている場合もあります。複数社に見積もり依頼をするものの、結局キャンセル料がかかってしまうのなら、無駄な出費となりかねません。事前にしっかりチェックしておきましょう。

■まとめ
水のトラブルを解決するためには水道工事業者に依頼するのが確実です。自身で対応したことによってさらに被害が拡大してしまうのは避けないといけません。ただ、それぞれの原因に伴うかかる料金が異なる点は注意点になります。ホームページをチェックすれば、それぞれの原因に対してどれぐらいの料金がかかるかをおおよそではあっても予想できるため、まずはチェックしてみましょう。さらに、見積もり依頼をしてもらうときには、キャンセル料がかかるかどうかが重要であり、キャンセル料も事前にチェックしておかないといけません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース